月 うさぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS 食に適さない 「ピンクのスライム」と「白のスライム」

<<   作成日時 : 2012/11/09 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

日本にもやがて来るハンバーガーやミートローフ、ソーセージやホットドッグ用ソーセージに使用される、食に適さない 「ピンクのスライム」と「白のスライム」。

実際に、USDA(米国農務省)は、学校給食のためにこのようなもの700万ポンドを購入した。TPP自由貿易協定の規則では、日本は米国からの食糧輸入を制限することはできない。
我々はすでに遺伝子組み換え食品のことと食品を遺伝子組み換えの有無、あるいは食品の由来をラベルに記載することを禁止ずる条項についてお話しした。(人々は米国原
産の食物は遺伝子組み換えしてあるか、ヒト成長ホルモンあるいは抗生物質を使用していることはすでに知っている。) http://seetell.jp/26508

そのリストに「ピンクのスライム」と「白のスライム」のような名前の物質が加わる。古い格言に、「ソーセージが何でできているか誰も知りたくない」というのがある。それは米国からの食品については、それが現実となっている:

騒動のきっかけは、「赤みの細かく挽いた牛肉」こと 「ピンクのスライム」を学校給食のためとしてUSDAのスタッフが7万ポンド(32,000s)を買ったことだ。農務省は、それが安全で健康的だとしている。批評家は、それは食に適さないと言う。しかし、ハンバーガーに混ぜて量を増やすためのフィラーは新しいものではないし、また食肉生産業者にとって生産を最大化する唯一の方法でもない。ここで他の2つの機械的なプロセスと比較してみよう。

2002年に元 USDA微生物学者ジェラルド・ザーンスタイン氏は、「ピンクのスライム」という言葉を造った。

牛肉の切れ端および脂肪と結合組織のような捨てる部分から材料を回収し、プロセスする。

切り落としは、100°Fに加熱し、脂肪から肉を分離する遠心分離器の内部でスピンされる。脂肪を除去した後、残りの牛肉の切れ端は大腸菌やサルモネラ菌などの細菌を殺すために水酸化アンモニアで処理される。その後、ミンチにされ、ブロックに冷凍され、他の牛肉製品に追加される。ハンバーガーやミートローフに使われる。
…………

「白のスライム」は「 大衆紙」 の俗称と同じ名前である。

「ペースト状で小麦粉を水で溶いたような形状の肉製品」で機械的に動物の骨から肉を削り取って作られる。

肉を取った後の骨は、“高圧のふるいのような装置にかけ、食用組織を分離させ、採取されたものは、(米国農務省は、骨の含有量を制限している)ペースト状にまで粉砕し、他の加工肉に追加し、使用される。ボローニャソーセージやホットドッグ用ソーセージに使われる。
http://seetell.jp/26508









検)美食家 グルメ サンドイッチ 肉 焼き肉 飽食 添加物 大食 子供 レトルト、冷凍食品
マック マクド チキン フライド まいう うまうま 美味い 美味しい 美味しそう 中華  
お弁当 給食 ピクニック 保育園 小学校 買い食い コンビニ 即席 今どき ミスド 外食
ケンタッキー ファミレス






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食に適さない 「ピンクのスライム」と「白のスライム」 月 うさぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる