月 うさぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS  日月神示 (ひつきしんじ)   岡本 天明

<<   作成日時 : 2011/03/28 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


日月神示を紹介しておきたい。この予言を知っておくことが今後の
予測に大きな力を発揮することになる。   Fより
日月神示とは、岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告
げである。この予言は大本教の出口王仁三郎の「立替え立直し」の
予言、世界の雛型理論を引き継ぐ形で、戦争末期の昭和19年から
書かれ始めた。
この内容は、日本も世界も神が望んでいる方向になく、まず日本か
ら大掃除をされる。まず最初に、世界が日本を袋叩きにする。これ
は既にバブル崩壊と日食10年とノストラダムスにも予言されたこ
とであるが終わった。そして引き続き、日本の大掃除とは火山の爆
発や地震、水害、台風などが押し寄せてきて、日本は苦難な状況に
なるという。

そして、食糧も無くなる。天と地がどろどろな状態になると神は示
した。この状態で、日本人が悔い改めて、昔ながらの生活・菜食の
粗食で物質的にも欲張らない神が望む道に戻れば、日本は復旧する
と。特に酒やタバコより肉食(牛・ブタ肉)は絶対にいけないと言
う。牛乳やチーズもやめるべきという。このように、物質文明から
精神文明に変換したら日本は立ち直るということのようだ。

その後、日本が味わった苦難の何倍も大きな苦難が世界に押し寄せ
る。その時、日本は世界を助けるために行動する必要がある。
この行動は日本の精神文明を広めることである。半霊半人間に日本
人が変化している。このため、核爆弾で汚染された地球で生きてい
けるような体に変化していると。
このような日本人が世界を指導して、日本的な高度精神文明を目指
すように世界に働きかける必要があるようだ。

そのためには、日本の精神文明を現す劇画や映画、日本の精神文明
から生み出される機械・IT機器、そして、日本の(豆腐、味
噌、しょうゆ、魚などの肉を使わない)食事(粗食)文化、日本の
わび・さびというキンピカでない美意識などが石油を使った物質文
明から物質的には少ない精神文明に世界を変えることで、人間に霊
的な感性を取り戻す必要があると。

現時点、石油がどんどん高くなり、そして枯渇してくるが、中国や
インドなどが経済発展して、このままであると石油消費量はどんど
ん増えていく。しかし、石油産出量には限界があるために、世界の
物質文明をどこかで変える必要がある。このためには、昔ながらの
日本の精神文化に変えることが日本でも必要であり、かつ世界的に
も必要になっている。美意識や生活様式・食文化などの価値感覚を
変えることである。昔の日本文化で、かつ現代の機械文化も取り入
れることである。江戸時代のように機械の回収、ビンやカン回収な
どの回収して再利用することやエネルギー消費の少ない生活を心が
ける必要があるのです。

その中心は、霊的な感性を取り戻すことのようである。昔の日本の
生活と精神状態に戻ることであろう。このためには食事を変えるこ
とであるという。そして、人間が霊的な感覚を取り戻すことである
と。

私は、困ったことや予測をするとき、コメカミのところに神経を集
中し、かつ頭(コメカミ)神経の裏側に廻わる感覚で神に自分が知
りたいことを聞くようにしている。この感覚ができるまでには、相
当かかったが、できると少し気を落ち着けるとできるようになった。

しかし、絶食のような食事を制限しているときや玄米と味噌汁など
の粗食で居るときには、この状態にスンナリは入れるが、酒を飲ん
だときとか牛・ブタ肉を食べた時には、この状態になかなかならな
いし、出来ないときもある。これで食事は大事であると昔から思っ
ていた。

この感じと日月神示とは同じことを言っているように感じる。また
、若い人たちが神道に共感するようであり、だんだん人間の感性が
霊的な発展しているように感じる。


【出典】
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k6/161030.htm


ひふみ神示データー
http://hifumi.uresi.org/01.htm











新版 ひふみ神示 (TEN BOOKS)
コスモテン
岡本 天明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新版 ひふみ神示 (TEN BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






==============================
『日月神示』
http://oak.zero.ad.jp/padoma/main/yogen/hituku/hituku.htm

真の信仰に入ると宗教に囚われなくなるぞ。真の信仰に入らねば、
真の善も真の信も真の悪も真の偽りも判らんのぢゃ。

今に岩戸開いてあきらかになったら宗教いらんぞ、政治いらんぞ。

高い心境へ入ったら神を拝む形式はなくともよいぞ。為すこと、心
に浮かぶこと、それ自体が礼拝となるからぞ。

右の頬を打たれたら左の頬を出せよ。それが無抵抗で平和の元ぢゃ
と申しているが、その心根をよく洗って見つめよ。

それは無抵抗ではないぞ、打たれるようなものを心の中に持ってい
るから打たれるのぞ。

マコトに居れば相手が手を振り上げて打つことは出来ん。よく聞き
分けて下されよ。

笑って来る赤子の無邪気は打たれんであろうが。

これが無抵抗ぞ、世界一家天下泰平ぢゃ。左の頬を出すおろかさを
やめて下されよ。

まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ。よく
見分けなならんぞ。

悪の大将は光り輝いているのざぞ、神の印つけた悪くるぞ。悪の顔
した神あるぞ。

信仰を得て霊的に病気を治すのは一瞬には治らんぞ。

奇跡的に治るとみるのは間違い迷信ぞ。時間もいり手数もかかる。
物も金もいる。

大き努力いるのであるぞ。取り違い多いのう。

この神のもとへ来て信心さえしていたら善いことある様に思うてい
るが、大間違いぞ。

この方のもとに参りて先ず借金取りに借金払いして下されよ。

苦しいこと出来てくるのが御神得ぞ。

この方のもとへ来て悪くなったと言う人民遠慮いらん帰りてくれよ
。そんな軽い信心は信心ではないぞ。

結構な苦しみが判らん臣民一人も要らんのぞしっかり褌締めてつい
て御座れよ。

この方悪神とも見えると申してあろうがな。

この道に入ると損をしたり、病気になったり、怪我をすることが
よくあれなれど、それは大難を小難にし、またメグリが一時に来て
その借金済ましをさせられているのぢゃ。

借りた物は返さねばならん道理ぢゃ。長い目で見て良くしょうとす
るのが神の心ぞ。

目の前のおかげではなく永遠の立場から良くなるおかげがマコトの
おかげ。

天国を動かす力は地獄であり、光明を動かす力は暗黒である。

地獄は天国あるが故であり、暗は光明あるが故である。

因が果にうつり、呼が吸となりゆく道理に於いて歓喜は更に歓喜を
生ず。

その一方が反抗すれはするだけ他方が活動し。また強力に制しよう
とする。

この道は因縁なくては判らん難しい道であれど、この道貫かねば世
界は一平にならんのぢゃ。

縁ある人は勇んで行けるのぢゃ。

一日一握りの米に泣く時あるぞ、着る物も泣くことあるぞ。

元の神代に返すというのはたとえでないぞ。

穴の中に住まなならんことも出来るぞ、生の物食うて暮らさななら
んし臣民取り違いばかりしているぞ。

何もかも一旦は天地へお引き上げぞ、われの欲ばかり言っていると
大変が出来るぞ。

官は潰され御分皆、火にかけられ灰となる。

この世の終わり近づきぬ。

さあ今の内に神得積んでおかんと八分通りは獣の臣民となるのざか
ら、二股膏薬ではキリキリ舞いするぞ。

キリキリ二股多いぞ、獣となれば同胞食うことあるぞ、気付けてお
くぞ。

牛の食べ物食べると牛のようになるぞ、猿は猿、虎は虎となるのざ
ぞ。

臣民の食べ物は定まっているのざぞ。四つ足は食ってはならん、共
食いとなるぞ。

草木から動物生まれると申してあろう。臣民の食べ物は五穀野菜の
類いであるぞ。

獣の食い物食う時には、一度神に献げてからにせよ。

神から頂けよ、そうすれば神の食べ物となって何食べても大丈夫に
なるのぞ。

神に献げきらぬと獣になるぞ。

日本のてんし様が世界まるめて治めす世と致して天地神々様にお目
にかけるぞ。

てんし様の光が世界の隅々まで行き渡る仕組みが三四五の仕組みぞ
岩戸開きぞ何もかも神に捧げよと申してあろうがな、それが神国の
民の心得ぞ、否でも応でもそうなって来るのざぞ。

物、自分のものと思うは天の賊ぞ、皆てんし様のものざと申してあ
るのにまだ判らんか。

神にとけ入れよ、てんし様にとけ入れよ立て直しと申すのは世の元
の大神様の御心のままにすることぞ。

御光りの世にすることぞ。てんし様の御稜威輝く御代とすることぞ。

三四五とはてんし様の稜威出づことぞ。神が世界の王になる。

てんし様が神と判らん臣民ばかり。

富士は晴れたり日本晴れ、てんし様が富士から世界中にみいづされ
る時近づいたぞ。
==============================
日月神示:
http://homepage1.nifty.com/hrt/
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8237/hihumi2.htm
http://oak.zero.ad.jp/padoma/main/yogen/yogen.htm
http://www.eonet.ne.jp/~minokun/daiyogen04.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~ennohana/enno144.htm
http://www.asyura2.com/data010.htm





日月神示はなぜ岡本天明に降りたか (「超知」ライブラリー)
徳間書店
岡本 三典

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日月神示はなぜ岡本天明に降りたか (「超知」ライブラリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
岡本天明は実は、お酒が大好きだった。日月神示にあるように、お酒、肉食している間は、御霊は磨けぬ、波動は低いままと言うのに、なぜ天明に神示が下ったのろうか?
それすら凌駕していたのだろうか?
・・本文より・官は潰す!
あべ
2011/06/14 01:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
 日月神示 (ひつきしんじ)   岡本 天明 月 うさぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる